体内で作られた酵素の働きを高めるには補酵素が必要

お嬢様酵素の働きを高めるには補酵素が必要

体の中で作られている代謝酵素や消化酵素は、体の機能維持に欠かせない存在です。

 

こうした酵素は食べ物で補うことはできないため、
よく噛んで食べるようにしたり腸の働きを改善したりして、体内酵素の生成を促しましょう。

 

お嬢様酵素で摂取するのも、もちろん効果的です。

 

体内で作られた酵素の働きを高めるには、活動をサポートしてくれる補酵素が必要になります。

 

補酵素には色々な種類があり、食べ物から補うことで効率の良い酵素ダイエットになります。

 

化粧品やサプリメントで、「コエンザイム」という成分を目にすることがありますが、
実はコエンザイムは日本語で補酵素の意味を持つ言葉になり、体内で化学反応を起こしながら活躍する酵素を助けています。

 

食べ物に含まれている補酵素は、栄養成分ごとに違った働きを持っています。

 

ビタミンB1は糖質に関わる働きがあり、エネルギー変換を促して脳神経や皮膚を整える他、
アルコールの代謝を助けてくれます。食べ物では、豚ヒレ肉や生ハム、うなぎ、たらこ、きな粉などに含まれています。

 

ビタミンB2は脂質の代謝と関係があります。

 

中性脂肪やコレステロールが活性酸素と結びついてできる過酸化脂質を分解する力を持っていて、
体の成長を促す作用があります。

 

食べ物では、豚や牛、鶏のレバーや、納豆、焼き海苔、うになどに含まれています。

 

ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれ、脂質と糖質、タンパク質の代謝をサポートしています

 

。皮膚の炎症を抑える働きと脳の神経細胞を正常に保つ作用があるため、
アレルギーやうつ病などの精神症状の緩和に役立つ成分です。

 

 

食べ物では、たらこ、かつお節、するめ、わかめ、干ししいたけなどに含まれています。

 

 

ビタミンB5のパテント酸は、脂質と糖質、タンパク質のエネルギー変換に関わっています。

 

副腎皮質と神経を整える作用があり、ホルモン分泌やストレスの緩和が期待できます。
食べ物では、たたみいわし、納豆、落花生、抹茶などに含まれています。

 

ビタミンB6はアミノ酸と血液に関係していて、神経伝達物質の合成する働きから、精神とホルモンバランスの安定に欠かせない成分です。
食べ物ではにんにく、まぐろ、いわし、ピスタチオ、ビーフジャーキーなどに含まれています。

 

ビタミンB7のビオチンは、脂質、糖質、タンパク質の代謝に関わっています。

 

コラーゲンの生成を促して、皮膚を健康な状態に整えてくる働きがあり、白髪の予防や筋肉痛を和らげる目的で使用されることもあります。
食べ物では、かれい、ししゃも、卵黄、青のりなどに含まれています。

 

 

葉酸はタンパク質の代謝と核酸の合成に関わっていて、細胞の分裂と成長に必要な成分です。
赤血球を作る働きもあるため、貧血予防になります。食べ物では、鶏や牛、豚のレバー、うなぎ、きな粉、焼き海苔、ごまなどに含まれています。

 

補酵素が不足して酵素の働きが低下すると代謝が衰えてくるため、効率の悪い酵素ダイエットになってしまいます。
食べる量に気をつけながら補酵素をしっかり補うことで、体内酵素が活発になりお嬢様酵素での酵素ダイエットが成功しやすくなります。